auの3Gエリアの広さ

auエリアはとにかく広い

 

auは様々な通信サービスを展開してくれています。
最近でこそLTE、いわゆる「4G」が話題になっていますが、LTEはまだまだこれからな部分もあります。

 

 

ですので、auの電波の基本は3Gと考えても良いかもしれませんね。
4G、LTE対応の機種であっても4Gのエリア外では3Gになりますので、LTEのサービスエリアもとても大事ではありますが、実は3Gのエリアがどれくらい広いのかもとても大事な部分だったりするのです。

 

 

3Gエリアの人口カバー率は99%以上

 

その3Gエリア、auは人口カバー率にすると99%とも言われています。
理論上100%というのは出せないとも言われていますので、3Gに関してはエリア外を探す方が難しいとさえ言われています。山岳地帯ですとか、海上・湖上以外の地域であれば日本全国がエリアとまで言われていますので、その点では安心なのではないでしょうか。

 

 

日本全国auの「繋がりやすい」と言われている回線を利用する事が出来るのですから、大きな魅力と言えるでしょう。これから徐々に4Gのエリアが広がっていくでしょうが、4Gが繋がらない地域もまだまだあります。

 

 

そのような地域の場合、まだまだ3Gの重要性が高いですからね。人が住んでいないような地域であっても主要幹線道路はエリア内となっていますので、その点も嬉しい点でしょう。

 

 

auの3Gはつながりやすい

 

広いだけではなく、繋がりやすいとも言われていますので、auの3Gは安心して使える回線とも言われています。

 

 

これからは4Gに力を入れていくでしょうから範囲が広がっていく事は考えにくいですが、今のままでも充分に広範囲ですので、3Gを利用する上で不満を覚える事はないのではないでしょうか。めったに「繋がらない」事がないでしょう。やたら長いトンネルですとか、谷間など悪条件が重なっている地域以外では確実に利用する事が出来るのです。

 

 

3Gの範囲がこれだけ広いからこそ、4Gへの移行がスムーズに行われているとも言えますよね。